読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味報告ジコマンブログ

書きたいことを書きたいときに書くだけ書いてジコマンするあてつけスタイルのブログです

そういえば富士山登ったなあって話

富士山 登山

スポンサーリンク

どうもです


今では古い話ですが



日本が世界に誇る山


 富士山


2013年の6月に世界遺産に登録されましたよね



標高3,776メートル
日本一高い山としても知られています



ほんといまさらな話題なんですけど



そういえば僕、富士山登ったことあるんですよ


当時、僕は高校3年生でした



ふと思い出したんで、記事にしてみます





富士山にのぼることになったきっかけ

これは単純です
友達に誘われたからです

友達の母親の会社の社長さんが富士山を毎年登っているみたいで、なぜか知らないけどお前も来いみたいな感じで友達に急に言われて半ば強制な感じで富士山に行くことになりました


ほんとに急で行く前日の2、3日前に言われたんで富士山登山に関して何の知識もなく旅行に行くくらいに思ってました



ですから持ち物もタオルと水筒くらい(笑)




レジャー気分の僕は完全に舐めてました
「富士山?あー聞いたことある」
くらいのレベルでしたもん



で、友達と知らない人3人で朝早くに集まり富士山まで高速で向かいまして(当時未成年なので運転は大人です)ホテルで1泊して、登山当日



車で5合まで上がれるということで山道をグルグルと回り富士山のふもとへ



ふもとについて車を降りたら新鮮な空気と冷んやりとした気温


なんていうか普通では味わえない空気というか神聖な空気というかとにかくこれが、富士山かあって感じ



で、また迫力がすごい!

下から見る富士山はスケールがほんと半端ないんですよ



これ画像あったらよかったんですけどね(泣)


当時使っていたケータイが壊れてしまって富士山の写真も含めて全部パーになってしまったんですよね
いやーもったいない




まあとにかく舐めてました


前日の僕
「富士山?余裕っしょ」


ふもとについた僕
「いや、ばかでしょ!  頂上までいけるかよこんなもん(泣)」


はい舐めてました



ほんとに壮大
なんていっても日本一の高さですもんね



しかも当時は登山は初
初登山が富士山ってバカですよほんと




しかし後にもひけず
ここまできたら登るしかありませんでした



まあでもこの山を登るのかあっていうワクワク感もありましたけど




で、登山開始
毎年登る社長さんを筆頭に富士山を登り始めました


社長さんは毎年登るだけあって完全防備

サングラスに登山用の服、リュックを装備



一方の僕はレジャー用のよれよれリュックにジーンズ&パーカー



後悔しましたね(笑)
動きにくっいたらありゃしない



まあしかし登るしかありません


せっせ、せっせと登り始めました



途中で店がありましてそこで登山用の木の棒を買いまして


で、その木の棒がまた特殊で、1合上がるにつれて拠点みたいなところで熱した鉄のスタンプで、〜合って押してもらえます


だから登った証になるんですよ
頂上まで登ればそのスタンプが全部はいるんです


その木の棒もねー
実家に置いてきたんですよ(泣)



なーにしてんだお前ですよね



この登った話が本当か嘘かわからないですよね



まあ今度実家行った時に写真とってきます





で、その木の棒をもってガンガン登りまして


富士山は全部で10合目まであるんですが5合目から登り始めてもうすでに7、8合目くらいで、社長たち大人チームを僕と友達は抜き去りどんどん進んでいました




7、8合目まできた僕の感想は結構余裕じゃんってな感じでしたね



とはいっても僕、9年間サッカーをしていて体力には結構自信があったんですよね


今は懐かしい、高校の体力テストでシャトルランってありましたよね
あのドレミファのイラつくサウンドのやつです


あれ125回が満点なんですけど
125回いってもまだ余裕だなあくらいの体力はあったんですよ



だからですかね
以外と簡単に登れて



もういつのまにか友達も抜き去ってました



上に行くつれてグッと気温が下がって風も強くなるんですけども


上のほうはまあ景色がすごい!!
雲の上ですよ雲の上
雲の上に立ってるんですよ



雲の上から連なった山々を見下ろし空気も上手い
登山ってきついけどいいなあと思いましたね



で、もくもくと登りまして、やっと頂上につきました



富士山の頂上もまあーすごいですよ


何がすごいって



火口ですよ火口!
やまの先っぽです



火口ってすごいですよ
なんかダイナマイトで地面を爆発したような感じ
めちゃくちゃえぐれてて底が見えないんですよ
ほんと、閻魔様が住んでるんじゃないかなってくらい



この世のものとは思えない見た目でしたね


初めて見ました
すごかったです



で、プチショックがもうひとつ


頂上にカップ麺や飲み物が売ってる店があるんですけどもその売ってるカップ麺がまあー高い!


たしか500〜1000円くらしましたよ



まあそこまで運んでいるんですもんね
それはしょうがない



で、頂上ですこし休憩して



下山


下山がまたねえ〜


これだけ登ったのを、また下るの〜って感じ




………………。




エレベーターはないのか……





と、一瞬頭よぎりましたが
現代っ子の悪いところですよね



登って下りるまでが登山!!




腹をくくって下りました



坂が急で何回もこけましたけど
無事したまで下りまして登山成功です




ほんとあんな格好でよく登ったなと思います


まあ若さですよね



今じゃもう二度と登りたくないわ…(笑)




ただ初登山で富士山登頂


素晴らしい経験ができました




やっぱり一回り人間が大きくなった気がしましたね
だって日本一の山を登ったんですから




はい
今回は富士山登山の思い出話でした



富士山一回は登ってみた方がいいですよ^_^